2009年07月02日

翔べ!鳩山由紀夫


翔べ!鳩山由紀夫


blogram投票ボタン

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

小沢事件、政敵を抹殺する検察テロ。3人の男の壮絶な闘い。戦う“リベラル”─熱い“友愛”。確かな信頼と友情…。わが国で初めて行われる“民衆革命”の大将と国民に贈るエール。

【目次】(「BOOK」データベースより)

序章 鳩山“新”民主党代表見参。さあ、政権交代だ─“友愛”(ピンチはチャンスだ!/鳩山由紀夫民主党代表がベスト ほか)/第1章 バカバカしき狂騒劇─最後の切り札として麻生首相(幽霊総理は消えていく…!/自公“合体”体制は第四権力=マスコミを掌握 ほか)/第2章 麻生首相の自爆。小沢一郎総理大臣の誕生目前。(批判精神を失った自民党は狂ってしまった/詐欺師やイカサマ師の手口 ほか)/第3章 稀にみる政治テロ─政敵を抹殺する卑劣な行為(1100号で迎えた小沢民主党代表の公設第一秘書逮捕!?/誰が何を狙って逮捕!? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

白川勝彦(シラカワカツヒコ)
1945年新潟県十日町市生まれ。1968年司法試験合格・東京大学法学部卒業、1971年司法修習を終え、弁護士に。1975年30歳で衆議院選挙に立候補を決意、郷里の新潟4区(現新潟6区)で政治活動を始め、1979年34歳で初当選(以後、当選6回)。国土政務次官・郵政政務次官・商工委員長などを務めた後、1996年11月自治大臣・国家公安委員長に就任。自民党では、総務局長・団体総務局長・新潟県連会長などを務める。1997年自民党の総務局長(選挙の実務責任者)就任し、小選挙区制で初めて行われた総選挙で自民党を勝利に導く。2001年2月公明党との連立に反対し自民党を離党。公明党の政権参加を批判する新党・自由と希望を設立。現在、弁護士として債務整理と刑事弁護に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






posted by 佐崎 jyouhou at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。